ゲーム

【PS4】二ノ国2の序盤をプレイした感想・レビュー

2018年3月23日(金)に発売された「二ノ国2 レヴァナントキングダム」を購入してプレイしてみました!

現在6時間ほどプレイし、第4章の途中まで進んだところです。

まだまだ序盤ですが、プレイしてみた所感を書いてみたいと思います。

二ノ国2 レヴァナントキングダムとは?

二ノ国2は、妖怪ウォッチなどで有名なレベルファイブが手掛けるファンタンジーRPGです。

DSとPS3で発売されている過去作「二ノ国 漆黒の魔導士」「二ノ国 白き聖灰の女王」の続編となります。

そして本作の最大の特徴は、なんといってもその「ジブリっぽさ」です。

キャラクターデザインを、元ジブリ出身の百瀬義行さん、音楽もジブリで有名な久石譲さんが担当しており、まさにジブリの世界を自分でプレイできるゲームとなっています。

キャストもプロの声優さんではなく、志田未来さんを始めとする俳優の方々がメインのキャラを担当しており、それも相まってより「ジブリっぽい」作品になってますね。

前作未プレイでも大丈夫?

大丈夫です。

前作からは二ノ国という世界観だけ踏襲して、ストーリー上の繋がりはないようです。

私自身も前作未プレイですが、今のところ問題なく楽しめています。

なので前作未プレイでも本作から始めて全然問題ありません。

前作もスタッフは同じなので、本作をプレイしてみてより興味を持ったなら、やってみても良いかもしれませんね。

ストーリー

クーデターによって国を追われた王さまが、一ノ国というパラレルワールドからやってきた大統領(一ノ国は私たちの世界と似た世界らしい)の力を借りて自分の国を作っていくお話です。

それ自体はすごく面白いしワクワクするのですが、なんというか、脚本が微妙なのかな?出てくるキャラ出てくるキャラ、物分かりが良すぎるというか、全体的にすごく主人公にとって都合の良い展開で話が進んでいくんですよね。

一言でいうと、ご都合主義ですね。

国を作るまでの紆余曲折もそんなになく、とてもすんなりと建国できちゃいますw

なので複雑な心理的な駆け引きとか、手に汗握る人間ドラマ的な展開を期待していると拍子抜けしちゃうかもしれないですね。

逆に良く言うと非常にテンポよく話が進むので、ストーリーよりもゲーム性重視って人には良いかもしれないです。

まあ、まだ序盤をプレイしただけの状態での感想です。

国を作るのがゴールではなく、国を大きくしていくところからが本番ですからね。

関係ないですが、国を作る話ということで、なんとなく最近読んだマギ の「シンドバットの冒険」を思い出しました。

戦闘

自分が過去にプレイしてきたゲームの中では、テイルズシリーズとかスターオーシャンに近い感じです。

テンポも良いし爽快感もあるし、今のところ楽しいです。

ただ使うボタンが多いので、アクション慣れしてない人は始めはちょっと操作に戸惑うかもしれないですね。

個人的にはもう少しシンプルでも良かったかなと。

難易度的には、最初のうちはボタン連打だけで終わりますが、フィールドマップに出たあたりから、自分のレベルより高い敵に挑むとあっさりやられたりもします。

やられたら前回のセーブ地点からやり直しなので、こまめにセーブしておくようにしましょう。

あと特徴的なのが、「フニャ」というシステム。ゆるキャラみたいな小人たちが一緒に戦って色々アシストしてくれるシステムがあります。

これについては今のところ、戦闘が賑やかになったなぁくらいの感じですが、ピンチのときに回復してくれたりと意外と役に立ってくれたりもします。

ゲームシステム

キングダムモード

自分の国を発展させていくモードです。これが解放されると出来ることが一気に増えます。

やることはざっくりこんな感じ。

  • お金を貯める
  • 施設を作る
  • 施設に人を配置して研究や採取
  • 施設のレベルを上げる

国民は世界各地のサブクエストなどで増えていき、お金は時間経過で溜まっていきます。

自分はまだ始まったばかりなので、出来ることは限られてますが、国を発展させていく過程はすごく楽しそうです。

進軍バトル

通常のバトルとは違い、軍を率いて敵と戦うモードです。

最初見たときは、ユニットを配置して自動で戦うタワーディフェンス的なものなのかな?と思ったのですが、全然違いました。

基本的に自分が操作して進軍していきます。

これもまだ数をこなしてないので何とも言えないですが、難易度が上がって戦略性が出てくると、やりごたえがありそうです。

サブクエスト

これは他のゲームでもよくある、おつかい的なイベントをこなす感じのやつです。

他のゲームだと放置してメインストーリーを進めたりとかもよくありますが、本作の場合、クエストをこなすことでキングダムモードで使える人材が増えていくので、結構重要かなと思ってます。

まあもちろん放置して進めてもいいんでしょうけどね。

国を大きくしながら進めたいなら、こまめにこなしていく必要がありそうです。

人材が増えるという報酬が、大きなモチベになりますね。

夢幻迷宮

ランダムダンジョンを進んでいってレアアイテムを手に入れることができます。

時間が経つにつれ危険度が上がっていき、危険度のランクが上がると敵が1段階強くなります。

敵のドロップなどで「オーブ」というアイテムが手に入り、これを特定の場所で一定数消費することで、危険度を下げることができます。

という感じの、時間との戦いになるランダムダンジョンです。

最終的にこれがエンドコンテンツになっていくんですかね?

まだ1ダンジョンクリアしただけなので何とも言えません。

まとめ

ストーリーの突っ込みどころはありますが、全体的にはすごく面白いです。

特にキングダムモードが今後一番楽しみな要素です。こういう発展させていく系は個人的に好みです。

古い作品ですが、同じレベルファイブ制作の「ダーククロニクル」を思い出しました。

ダーククロニクルも街づくり的な要素があって、今でもたまにやりたくなるんですけど、PS2のゲームでアーカイブも出てないんですよね~。個人的に復刻して欲しい作品No.1なんですが。

話は逸れましたが、引き続き二ノ国2を楽しんでいきたいと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です