感想・レビュー

【PSVR】V!勇者のくせになまいきだRをプレイした感想

PSVRを購入したはいいけど、これだ!と思えるやりたいゲームが中々無かったんですよね。

アクション系のゲームはVR酔いが激しいし、バイオハザードは怖そうだし。。という感じでちょっとだけ触って放置していたPSVRですが、先日ついに自分的にこれだ!と思えるが発売されました。

その名も「V!勇者のくせになまいきだR」

 

過去作は2だけプレイしたことがあり、結構好きなゲームでした。

ゲーム性的にどうVRになるんだろう?と発売前から気になっていたソフトだったんですが、やってみたら、なるほど面白い!ということで、紹介してみたいと思います。

V!勇者のくせになまいきだRってどんなゲーム?

勇者のくせになまいきだシリーズは、ざっくり言うと、魔物を繁殖させて強くして魔王様を守りながら勇者を撃退する、というゲームです。

前作までは、ダンジョンを掘り進めて、ダンジョンの土に含まれる「養分」を上手く集めて魔物を生成する、というのが基本だったんですが、今作では掘るという概念は無くなり、代わりにCP(カリスマポイント)というポイントを使って魔物を生み出していくようです。

ただ魔物の種類や食物連鎖のシステムは過去作と同じで、強い魔物は弱い魔物を食べて繁殖します。一番弱い魔物(ニジリゴケ)は養分の代わりにフィールド上に設置された「魔しずく」というのを餌にして繁殖します。

 

百聞は一見に如かず、ということで、実際のゲーム画面を紹介していきます。

これが導入部分。このゲームに関する説明を魔王様とそのムスメが色々してくれます。

画像ではわかりにくいですが、この時点で既にVRです。

 

そのうちムスメが隣に移動してきます。かわいい。

 

実際のプレイ画面はこんな感じ。自分が持っているPS4のコントローラーが画面上にも表示されて、コントローラーを動かしてフィールド上の位置に狙いを定め、魔物の巣を設置したりなどしていく感じです。

プレイした感想

冒頭にも書きましたが、面白い!

前作のゲーム性を考えるとVR化というのがどうも想像できなかったんですが、蓋を開けてみると、前作までの面白さを踏襲しつつ見事にVR化してましたね。

あと基本的に視点以外は自分自身が動くということはないので、VR酔いも他のゲームに比べて圧倒的に少ないです。

始めてVRのゲームをプレイしたときは、面白いけどこれは酔うな~というのが、まず思った感想だったので、VRで長時間プレイするようなゲームはやっぱり難しいのかなと思ってたんですが、これだったら全然やり込めますね。

という訳で、VRゲームの新たな可能性を感じさせてくれたゲームでした。

今後もこういうゲームがどんどん出てほしいですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です